12月01日の相場 ゴールド 7,164円(-92 円) プラチナ 3,881円(-137円)【円/g 税込表示】

金属アレルギーの基礎知識

金属アレルギーの基礎知識

K18やプラチナの喜平ネックレスやブレスレットは、ファッションや資産として幅広くご活用いただけるものです。6面・8面タイプや50グラムの重量感のある喜平ネックレスも人気ですが、最近ではアクセサリーとして使うことを考えた時に、アレルギーが心配という方もいらっしゃるようです。 こちらでは金属アレルギーについての基礎知識をご紹介します。

アレルギーとは?

そもそもアレルギーとは何かというと、人間の体にそもそも備わっている防御反応のことです。体内に異物と認識されるものが入ってきた時に、抗体を作ろうとして過剰に反応してしまうのがアレルギー反応として表れます。花粉症もアレルギーの1つですし、食べ物でも小麦や卵にアレルギー反応を示す方は多いです。

金属アレルギーが起こる理由

金属の中にもアレルギーリスクが高いとされている金属があります。例えば、ニッケルやコバルト、スズ、クロムなどは比較的リスクの高い金属として知られています。合金アクセサリーとして金や銀に混ぜられることも多い金属で、汗などに溶け込み体内に入ることでアレルギー反応を引き起こす場合もあります。
金・銀・プラチナ・チタンはこれらに比べると、アレルギーリスクの低い金属として知られていて、ヨーロッパのアンティーク食器などでは純銀の食器セットが重宝されてきました。

アレルギーが起こりにくくなる方法

金属アレルギーリスクを回避しやすくなる防御方法はいくつか挙げられます。例えば、アレルギーリスクの低い金や、プラチナの純度が高いアクセサリーを身につけるといった方法があります。
当サイトでは喜平ネックレスなどに使用される金属の含有率も、参考データとして掲載していますのでご参照ください。また、パッチテストなどでアレルゲンが比較的多かった方は、純度の高い喜平ネックレスの中でも2面タイプや30グラム以下のものをお選びいただくと、肌との接着面も少なくリスクが軽減されるのではないでしょうか。

おしゃれを楽しめる喜平ネックレスを取り扱う立場として、それが原因となったアレルギーはとても悲しいものです。金属アレルギーのリスクを軽減する方法は他にもたくさんありますので、是非、金やプラチナでのおしゃれを楽しんでください。

ページTOP

サイトメニュー